万葉集・源氏物語の歌の意訳や古事記連載のお部屋です
いわばしる・・・

2007-03-01 Thu 20:30
石走る 垂水の上のさわらびの 萌え出づる春になりにけるかも

                            志貴皇子(しきのみこ)


読み:
いわばしる、たるみのうえの、さわらびの、もえいづるはるになりにけるかも

意味:
岩にほとばしる滝のほとりの蕨が、芽をふくらませる春となったのだなあ。



志貴皇子は、天智天皇の息子さん。

名前はいろいろな漢字が使われ伝えられていますが、
万葉集では志貴に統一されています。

お母さんは「釆女(うねめ)」という身分の方でした。

ちなみに、釆女のお仕事は、天皇と皇族の身の回りの世話(食事や着替え)が中心。
地方豪族の姉妹・子女から選出された、みめ麗しい方たちだったそうな。

さて皆さんもご存知の「壬申の乱」。

これは志貴皇子のお兄さん(大友皇子・弘文天皇)と
叔父さんとされる大海人皇子(天武天皇)とのケンカ。 政権争い。

結果は叔父さんが勝つので、天智天皇の息子である彼は、
それ以降「肩たたき」の立場に立たされます。

さらにその後の争いを恐れた叔父さん夫婦(天武天皇・持統天皇)が、
吉野の盟約なるものを半強制的に打ち出し、志貴皇子にも参加させますので、
彼の将来は絶望的なものになりました。(事実上の皇位継承権剥奪)

役職は撰善言司。 皇族・貴族のための教養書の選定事業でした。

つまり、志貴皇子の知識の豊富さは当時随一であったと見て
自然で、どの文献を見ても、歌や学問において非凡な才能の
持ち主であったとされています。

もともと、お母様の身分が皇族ではないので、 皇位継承は難しかったものの、
もし壬申の乱でお兄さんが勝利していれば、
(お兄さんの母親も釆女なので)彼の人生は180度違ったものに
なっていたことでしょう。

そんな想いがあったのかなかったのか、知る由はありませんけれど、
史実から見る彼の人生は静かなものであったようです。

霊亀2(716)年薨去。(推定48歳)

770年に彼の第6皇子・白壁王が即位(光仁天皇)した後は、
「春日宮天皇(田原天皇)」として追尊され、ここで表舞台に返り咲きます。

やがて孫にあたる桓武天皇が長岡京・平安京を拓き、
皮肉にも、志貴皇子の流れを汲む天智天皇皇統によって、
皇位は今日まで受け継がれていくのです。



吉野同盟:
跡継争いが起こることを懸念した天武天皇と皇后(後の持統天皇)が、
壬申の乱直前に天武天皇派がたてこもった吉野に6人の皇子を連れて行き、
「違う母を持つが、同じ母から生まれたように慈しもう。
この誓いを破ったら私は死ぬ」と6人を抱き、
自分の子ども(草壁皇子)の将来を脅かさないよう誓約させたこと。

別窓 | 万葉集・意訳 | コメント:2 | ∧top | under∨

<<古事記物語-1 天と地のはじめ | 愛しき古(いにしえ)の世界 | あかねさす・・・>>
この記事のコメント
pwcomさんの公開Bookまーく
<石走る 垂水の上のさわらびの>の歌は好きで、年賀状にも使っていました。
しかし作者も含めその周辺状況は、何冊かの本を見ても解らなかったのですが、こちらの記述で詳しく知ることが出来ました。
どうも有り難うございました。
2015-01-26 Mon 17:22 | URL | おおた六魚 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
pwcomさんの公開Bookまーくさま
随分とお返事が遅れてしまい本当にごめんなさい。
しばらく意訳から逃げておりました(;==;)

お役に立てて光栄です。

天智天皇~持統天皇の時代に強く惹かれるものがあり、独学ですがコツコツと勉強しています。

志貴皇子のこの歌に私は哀愁と達観を感受しています。
彼なりの『人生への受容=諦め』があったのではないかと。
そんなふうに感じています。

心機一転がんばりますので
よろしかったらまた読みにきてくださいね。
<(_ _)>
2015-03-25 Wed 21:03 | URL | ひでこ #mGVYR2Ug[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 愛しき古(いにしえ)の世界 |